浅田舞が 平昌五輪 で経験したプーさんの雨とは???

 平昌五輪フィギュアスケートの応援のために現地まで足を運んでいた元フィギュアスケート選手の浅田舞が“プーさんの雨”を実際に体験し「身を守る事に必死でした」と感想をつづっている。

 Twitterによると浅田はこの日、平昌から帰国。「最高の時間となりました」と現地での感動を思い返し、「観客席にて、結弦君の演技を見て感動し、ウルウルしながらスタンディングオベーションしていたら、プーさんの雨が降ってきたので身を守る事に必死でした」とのエピソードを披露した。プーさん好きの羽生選手のために投げ込まれるプーさんのぬいぐるみに戦々恐々だったという浅田。ファンからは「プーさんの雨。テレビで見る以上に凄かったんですね」といった声や「舞ちゃん お疲れ様でした」と労うコメントも見られた。

平昌より帰国。弾丸でしたが、最高の時間となりました観客席にて、結弦君の演技を見て感動し、ウルウルしながらスタンディングオベーションしていたら、プーさんの雨が降ってきたので身を守る事に必死でした。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

モスバーガーが窮地!

ハンバーガーチェーンで国内店舗数2位のモスバーガーが苦しんでいる。

 モスバーガーを運営するモスフードサービスは2月9日、2017年度第3四半期(2017年4~12月期)決算を発表した。売上高は544億円(前年同期比0.8%増)と横ばいながら、本業の儲けを示す営業利益は33億円(同19.6%減)と減益で着地した。

【写真】ご当地色を打ち出したキャンペーンとは?

 減益の主な要因は、牛肉など食材の価格高騰や、システム関連投資に伴う償却負担がかさんだことだ。一見すると、一時的な要因による業績低迷にも思えるが、モスバーガーの苦戦は今に始まったことではない。

SNSを通じた販促が不十分

 モスバーガーの既存店客数は2013年度から4期連続で減少している。今2017年度も2017年4月~2018年1月の累計の既存店客数は前年同期比1%減。こんなにも長く客数減が続いているのはなぜか。理由の1つが効果的な販促施策を講じられていないことだ。

 競合の日本マクドナルドは、ここ2年ほど、話題の拡散を狙ってツイッターを中心とした宣伝にシフトしている。昨夏に仕掛けたキャンペーンは「マック」と「マクド」の2つの愛称を懸け、東京・大阪それぞれをイメージしたバーガーどちらを支持するかをツイッター上で競うというものだった。キャンペーンに参加すると商品のクーポンが届くという仕組みで客数増につなげた。

 一方、モスバーガーはテレビCMを打ったりしているが、ツイッターなどSNSを通じた商品訴求が不十分だ。同社は国産野菜の使用や、健康を意識した商品開発で知られるほか、ここ数年はご当地色を打ち出したメニューを強化している。だが、モスフードサービスの中村栄輔社長は昨年11月の中間決算説明会で「自分たちの強みをもっとアピールしていく必要がある」と販促の弱さを認めている。

 さらに、過去5年の間は、2013年10月と2015年5月に食材価格などの高騰を理由に、商品の値上げに踏み切っている。特に2015年の値上げでは全商品の約9割を対象に10円~70円引き上げ、看板商品の「モスバーガー」は340円から370円に値上げした。度重なる値上げによって客離れを招いた面もある。

 

いちよし経済研究所の鮫島誠一郎・主席研究員は「マクドナルドは400円近い高単価のハンバーガーも扱う一方、100円バーガーやバリューランチ(平日昼のランチセット割引)など割安な商品をうまくアピールしている。モスバーガーはこうした訴求ができていない」と指摘する。

■加盟店オーナーが減少

 マクドナルドが異物混入問題で不振にあえいだ2015年度は既存店売上高が前期比7.3%増と高水準だったが、このときは値上げによる客単価上昇の効果が大きく、客数に限って見ると前期比2.8%減だった。値上げが一巡したはずの翌2016年度も既存店客数は2.3%減とマイナスが続いた。

 こうした既存店における客数減少が、店舗網の拡大にも影響している。ピーク時の2000年度には1500店を超えた国内店舗数だが、それ以降はじりじりと減少し、直近の2017年12月末時点では1353店にとどまる。

 店舗数が漸減する背景にあるのが、加盟店オーナー数の減少だ。モスバーガーは、直営が2割程度で、約8割はフランチャイズ(FC)契約をした加盟店オーナーが運営している。オーナー数は1997年の693名が最多。

 当時の櫻田厚社長(現会長)が、初期の頃にFC契約をして惰性で経営しているオーナーに対し「なんとなく経営をしているのでは困りますよ」と話し、契約打ち切りを断行した。近年はオーナーの高齢化(平均年齢59歳)という問題も加わり、足元ではオーナー数が440名となっている。

 オーナーの高齢化と、それに伴う新たな担い手の確保という課題に対応するため、本部は後継者育成に着手。2014年からは財務知識や事業計画策定を学ぶ次世代オーナー研修として内容をブラッシュアップし、加盟店向け独立支援を強化しているが、来2018年度も店舗数は横ばいを想定するなど、出店拡大に舵を切るには時間がかかりそうだ。

■他業態も中途半端なまま

 運営会社のモスフードサービスは、モスバーガー一本足打法から脱却しようと、次の柱の育成を進めてきた。1999年には紅茶とワッフルの店「マザーリーフ」、旬菜料理の「あえん」などを立ち上げている。

 ただ、マザーリーフは不採算店の閉鎖などで店舗数を減らしているほか、食材にこだわった「あえん」もブランド価値の向上を狙った業態で、店舗数の急速な拡大は望めない。

 ハンバーガー業態でも2015年にグルメバーガーとお酒をテーマにした高級業態「モスクラシック」を東京・千駄ヶ谷で開業。FCも含めて多店舗化を狙っているが、求める立地が見つからないとして現在まで2号店を出せていない。いずれの業態も中途半端な状況が続いている。

 客数と店舗数の減少という、外食チェーンにとっては苦しいトレンドから抜け出せないモスバーガー。復活への道筋をどう描くのか。マクドナルドをはじめとした競合が攻勢を強める中、かつての勢いを取り戻すのは容易ではない。

 

スターバックス オフィス向けコーヒーマシーン事業を本格化

スターバックスコーヒージャパンは、職場向けコーヒーマシンのリース事業を本格化させる。店と同品質のものを提供するという。コーヒーはコンビニなどとの競争が激しく、職場に入り込むことで消費者との接点を増やすねらいだ。

 カフェラテやカフェモカなどのホットとアイス計約20種類をつくれる。店と同じ品質のアラビカ種の豆を使う。企業にマシンを有償で貸し、豆や紙コップを購入してもらう。1杯の価格設定は企業に任せる。

  

 米本社の100%子会社となった2015年から店舗以外の業態拡大が可能になった。商社など5社のカフェスペースに導入済みで、今は委託業者の従業員が提供している。今後はホテルや列車内などに導入し、「無人カフェ」も増やしたいという。5年で500カ所を予定している。

 大手コンビニの多くはコーヒー1杯100円からと低価格で、メニュー展開にも力を入れる。オフィス向けではマシンを無料で貸し出すネスレ日本が先行し、1杯当たり数十円と手頃だ。スタバ広報は「外出しなくても高品質のコーヒーを飲みたいというニーズは十分にある」と話す。

インスタ女王 渡辺直美はなぜアメリカで人気なのか?

GAPのグローバルキャンペーンCMに出演し、ますます世界規模の活躍が期待される渡辺直美(30)。

 この分では大騒ぎして渡米したピースの綾部祐二(40)よりも、アメリカでの成功は早そう?

 さて、現地アメリカで我らがNaomi Watanabeはどのような存在として捉えられているのでしょうか?

◆注目されているのは“体型”と“ファッションセンス”

 日本では女芸人のイメージが強く、また、7700万のフォロワーを誇るインスタ女王としても知られている渡辺。

 大手新聞だけでなく、『ピープル People』や『E! オンライン E! Online』『リファイナリー29 Refinery 29』と、この1年間で彼女を取り上げた欧米メディアを数えればキリがなく、彼女への注目度は海の向こうでも高いのです!

 

 しかし、どのメディアも「日本のビヨンセとして知られているコメディアン」と導入部分で紹介はしているものの、彼女の芸人としての才能にはあまり言及していないのが、日本人としてはちょっと寂しいところ。

 その代わりに取り上げられているのは、その“ぽっちゃり体型”と“ファッションセンス”です。

 昨年デカデカと彼女のことを記事にした『ワシントンポスト Washington Post』は、40代の肥満女性の割合が3%とアメリカの34.9%に比べて極端に少ない“痩せ型ニッポン”において、ぽっちゃり体型でも物怖じせず、逆にそれを武器にして戦っているところを絶賛。

 さらにファッション誌はその独特なファッションとビューティセンスに注目。

ニューヨーク・タイムズ The New York Times』でも「ファッション&スタイル」のコーナーで彼女を取り上げ、「渡辺がプロデュースするプラスサイズのファッションブランドPUNYUS(プニュズ)がアメリカに進出する日も近いようだ」と報じていました。

◆保守的な“ニッポン”からすごいインフルエンサーが現れた!

 欧米では近年、どんな体型(見た目)でも自信を持って力強く生きようという「ボディポジティブ・ムーブメント」がSNSを中心に盛んになっています(ハッシュタグ #bopo)。

 アメリカにはぽっちゃりモデルがたくさんいますし、最近ではフォトショップを使わずにセルライトやシワの浮き出た肌をそのまま露出するハリウッド女優も出てきました。

 そこに上手くハマったのが保守的なイメージの強い「日本人」だったのですから注目されるはずです!

 日本がアメリカでどんな風に見られているかというと……?

「日本は大多数のアパレルショップでフリーサイズ(Mサイズ)しか売っていない国であり、政府認定でメタボ検診を実施する国」「女は家事に専念し、仕事はしないのが理想的」(『ワシントンポスト Washington Post』より)…とさんざんな言われよう。

 Lサイズ以上の洋服を着る女子が多いアメリカにとって日本のファッション市場のあり方は“あり得ない”し、メタボ診断されたら特定の保健指導が施される“恐ろしい国”。男女の賃金や処遇の格差で揺れるアメリカは、日本はかなり時代遅れな考え方を持つ国と見ているのですね。

 そんな日本で、プラスサイズのファッションブランド「PUNYUS(プニュズ)」を立ち上げ、ぽっちゃり女子のため、そして何より自分のためにがんばっている渡辺直美をアメリカ人は、“尊敬に値するインフルエンサー”と認識しているよう。

 今月掲載された『ヴォーグ Vogue』UK版のインタビュー記事でも、彼女の「ステレオタイプな日本女性のイメージを壊していきたい」という発言が一番話題となっていました。

 自己主張することを恐れず、国内外問わず未だ根強く残る古臭い日本女子のイメージをぶっ壊してくれそうなNaomi Watanabe。本格的なアメリカ進出はいつになるのか? 注目したいですね。

看護師になるには? 看護師国家試験 2/18開催

病院で働く看護師になるには?

 

今日は、看護師国家試験の開催日ですね!

 

みなさん、どうでしたか? 試験時間が長い、、、問題の数が多い、、、試験会場が寒いなどいろいろな意見が聞こえてきそうですが???

 

合格発表日は3月26日に厚生労働書のホームページに掲載予定です。

 

皆様が合格している事を祈っております。

 

さてさて、今日はそんな看護師になるには、どうしたらいいのか?

 

という内容で話を進めます。

 

 

看護の仕事は、体力的にも精神的にもキツイ側面を持った仕事です。しかしながら、人を助けることに魅力ややりがいを感じ、看護師になりたいという思いを抱く人は少なくありません。では看護師にはどうしたらなれるのでしょうか。

看護師の資格が必要

看護師は、看護師を養成するための専門の教育を受けた者に、看護師国家試験を受験する資格が与えられます。この試験に合格すると、厚生労働大臣より看護師免許が公布され、1人の看護師が誕生します。

つまり、看護師になるためには専門の教育を受け、国家試験に合格しなくてはいけないということです。
看護師国家試験の難易度、合格率

では、その専門教育はどこで受けられるのでしょう。

看護師になるには、いくつかの方法(教育課程)があります。中学卒業時に高等学校衛生看護科に進学し、まずは准看護師の資格を取る方法もありますが、ここでは、高校を卒業した後に、ストレートで看護師免許を取る場合について説明します。

高校卒業後の進路は?

高校卒業後、看護の道に進む場合、看護師学校・養成所には3年制の看護専門学校、看護短期大学、4年制の看護大学があります。

看護専門学校の中には、医療機関で働きながら学ぶ定時制4年制課程を設けている学校もあります。

近年は、最先端医療の中でチーム医療の一員を担う看護師にも高度な知識と学力が要求されるようになり、看護大学で学ぶ人が増えてきています。

また、4年制の看護大学では、保健師または助産師養成カリキュラムも平行して学ぶことができ、本来なら看護師資格を取得した後に改めて専門教育機関に行かなくては取得できない保健師・助産師国家試験の受験資格を、看護大学卒業と同時に取得することができます。

これを受け、3年制の看護専門学校も、卒業時に保健師・助産師国家試験の受験資格が得られる4年制の総合カリキュラム校が設立されてきています。

高度な知識と技術が必要とされる看護師になるための養育機関である看護学校は、一般に入試に合格するのが難しいと言われており、そのための予備校もあるほどです。

看護師を目指すと決めたなら、まずは看護学校に関する情報収集が重要になってきます。

就職

どこの病院も看護師不足に悩まされており、働く先に困ることはあまりありませんが、土日休みなど待遇が恵まれているところは人気が高くなっています。

転職者も多い業界で、スカウト型の求人サイトなども増えてきています。

看護師の現状と今後の見通し

現状と今後の見通し

高齢化社会

高齢化社会を迎え、看護師の需要は今まで以上に高まっています。看護師の人数は不足しており、今後も看護師の就職先がなくなることはないでしょう。病院内だけでなく、自宅への訪問看護や福祉施設での看護など、看護師の仕事の活躍の場は広がっています。

医療の専門化

医師が不足しているということもあり、看護師が担う役割が増えてきています。これまで医師が担当していた仕事の一部を看護師がすることが期待されており、専門知識をもった看護師が求められるようになりました。医療の進歩のスピードは早いということもあり、今まで以上に継続して勉強することが必要になってきています。

看護師に関するデータ

看護師数の推移

手に職をつけたいという理由で、看護師を目指す人も増えています。看護師数は年々増加を続けており、平成26年時点での看護師の人数は1,086,779人となっています。

また、男性の比率が徐々に高まっています。平成26年には男性の比率が6.8%になりました。
看護師数の推移_26

年齢別の看護師数

年齢別の看護師数で最も多いのは35〜39歳の162,961人です。年齢構成に大きな隔たりがないことから、長く働くことができる職業であることがわかります。
年齢別の看護師数_24

看護師の雇用形態

保健師の雇用形態は、正規職員81.6%、非常勤職員18.2%、派遣0.2%となっています。
看護師の雇用形態_24

 

オリンピック 宇野 昌磨 銀メダル動画

オリンピック 宇野 昌磨

 

www.youtube.com

羽生結弦 演技直前の練習動画

www.youtube.com